« December 2003 | Main | February 2004 »

2004.01.30

速報!「ハバネロ★チップス」

DSCF0044.JPGDSCF0048.JPG
みんなの大好物「ハバネロ」様がアメリカでポテトチップスになりました。

そして、ついに現物を入手(近所の本屋にて・・・)しました!!

で、恐る恐る食べてみました。
一瞬、脳みそが縮みました。そして、背筋が凍り・・・
辛れぇぇぇぇぇぇ!\(◎o◎)/!

東ハト様の「暴君ハバネロ」は、辛い中にも旨みがありましたネ。
しかし、コチラのアメリカ産「ハバネロ★チップス」には旨みなどありません。微塵もありません。
タダ!タダ!!タダ!!!辛いだけです。

こんなの食べ物じゃぁありません(-_-;)

さすが!味覚オンチなアメリカン(^o^)/
DSCF0050.JPG

| | Comments (78) | TrackBack (0)

すごい棺桶(かんおけ)

kanoke.jpg
↑狂気である。

コレが「棺桶型のパソコン」なのか「パソコン型の棺桶」なのか・・・
ワタシは、そんな低次元な疑問を話題にする気は全くない。

問題は、こんな代物の存在を許してよいのか?と言う疑問だ。
否。
本質を捉えるならば、狂気の沙汰とも言えるこんな代物を発明し商品化すると言う
アメリカ合衆国の存在を許してよいのかという問題だ。

この棺桶を発明した「Valley社」の広報によると
「あなただって、自分の好きな物の中で眠りにつきたいでしょ?母性と一緒よ♪」とのこと。

一緒じゃぁネェぇぇよ!\(◎o◎)/!

やっぱり、アメリカは狂気だぁ・・・(-_-;)

| | Comments (146) | TrackBack (0)

2004.01.28

アメリカの矛盾

blackbirds.jpegsub.jpeg
先週あたりの新聞に出ていたのですが、「アメリカ国内で大規模なテロが発生する恐れがある。」とホワイトハウスが警告を出したようですね。
一応、アメリカ軍はテロ組織壊滅の為に多角的に動いているようですが・・・
なかなか、状況は好転しません(+_+)

そんな殲滅作戦の一環として米軍は、アフガニスタンやリビアにある傭兵キャンプを「テロリスト養成スクールだ!」と決め付けて現地で破壊の限りを尽くしています。

しかし、ですねぇ。
アメリカ国内では、ミサイルや戦闘機、原子力潜水艦が通信販売で売られている現状があります。
大体、ミサイル一基持てば立派なテロリストっすよ!
原潜一個持てば、テロリストどころか、「沈黙の艦隊」の海江田艦長みたく
国家元首\(◎o◎)/!になれるんすよ!

※楽ちんにテロリストになりたい方は→<コチラ

そんなさぁ・・他の国にチョッカイ出して破壊しまくってる余裕があるなら、国内のコイツ等を始末しなさいよ。やってること矛盾っすよ>ダフヤ君。 
ダブヤ=ブッシュ大統領のあだ名

一応ですね、原潜は安いのだと約15億円で購入できます。  ←安いね(^o^)v
オプションで乗組員(傭兵)も手配できます。各種クレジットカードもご利用になれます。
センチュリオンカード利用の一括払いだと、初期メンテナンスフィーは無料になると言う特典もあります。

今がチャンスです!閉塞した世界に核で風穴を(^o^)/~~~~


| | Comments (112) | TrackBack (1)

2004.01.27

アメリカ★ネコ戦争

cattrim.jpeg
現在、アメリカは大統領選挙予備選一色ですが、その裏で第二次南北戦争(ネコ戦争)勃発の様相を呈しています。
それは、シカゴの有力紙「Chicago Tribune(シカゴ・トリビューン)」に掲載されたある投稿が発端です。

□■以下その投稿(オレ様訳)■□

 私の義理の妹はオクラホマ州出身で、話す英語に強い訛りがあります。
彼女はネコを飼っていて、いつも「ライン・カット」と呼ばれる
毛繕いをトリマーにお願いしています。
最近、彼女が旦那の仕事でシカゴへ引越しをしました。
そこで、現地のトリマーに「ライン・カット」
をお願いしたところ、そのトリマーは「ライオン・カット」と聞き違えたのです。
おかげで、大切な彼女のネコは見るも無残な姿をさらしています。
彼女の必死の抗議に、トリマーは「あんたの訛りが悪いんだよ。」と一蹴。
彼女は、あまりのショックで一週間ベッドから出れませんでした。
シカゴは本当に醜い街です。

この投稿にブチ切れたのが、生粋のシカゴ住民。
「田舎モンに、んたぁ~事は言われたくネェェェェ<`~´>!」だの
「キレイな英語を話せない、オクラホマ人の方が悪いに決まっている!」だの
弔い合戦を始めています。

アメリカ唯一の全国紙「USA Today」でも記事(三面記事)では「ネコ愛好家人口の多いアメリカでコレは大統領選挙の行方を左右する大きな事件だぁ!」とアホな分析をしています。
cattrim2.jpeg
南部と北部で始まった、前代未聞の「ネコ戦争」。
大統領選挙を控えたアメリカで、この事件は「第二次南北戦争」火種となるのか!?

ん~、ネコは悪くないのにね・・・(-_-;)

| | Comments (166) | TrackBack (1)

2004.01.17

男の秘密

この世に完璧な男など存在しない・・・
                      by A・Jミラー



この男、「Joseph Losey(ジョセフ・ロージー)」32歳。
ハーバード・ビジネス・スクールにてMBAを取得。
TDウォーターハウス社」ニューヨーク支店付の為替ディーラー。
社内でも有数の取り立ポジションを持つ。
妻子無し。
高学歴高収入。
未来永劫を約束された彼の趣味は、「女装」・・・

完璧に見える男ほど、その闇は深い・・・

| | Comments (860) | TrackBack (4)

2004.01.16

XXX的★小ネタ集#01

++PCを整理したら出るは出るはのバカファイル・・・
単独の記事にするには役不足。でも、捨てるにゃもったいない・・・
そんなワケで「XXX的小ネタ集。」を創刊(^o^)/まぁ、ご覧遊ばせ++

①「プチセレブとエロエロダッグ
adopted1.jpegdirty_donald_duck.jpeg
なんて、小癪なガキんちょなんでしょう。大体ワタシには、、、
「因数分解できないヤツが『ホログラム』なんか持つんじゃぇぇぇ\(◎o◎)/!」というポリシーがありまして・・・。ハイ。 で、ドナルド・ダッグがイヤらしい。

②「アメリカ的漢字
japanese_love_adore.jpeg
アメリカ人に習字を教えたら、こんな作品を作ってきました。
なんか、ヒワイ(+_+)

③「WC
wc.jpeg
大変わかりやすく、よいね。
う~ん、ユニバーサルデザイン(^o^)/

④「アメリカン★トラベラー
unitedairlines114.jpegunitedairlines089.jpeg
2年前、某UA機での出会い。
隣は、「これからフロリダへバカンスよ♪♪」と叫ぶ薄気味悪い女(-_-;)・・・(写真上)
で、機内食は「Japanese Noodle」という名の「ゲロ」(-_-;)・・・(写真下)
これぞ、旅は未知づれ世は情け。   (SFO-ORD約3時間の拷問した。)

⑤「カナダの風物詩
apres_ski_preparations.jpeg
カナダ人はビールが大好き。だから、リフトで運びます。
その根性に乾杯!

⑥「ビッグ・マック
big_mac_butt.jpeg
カラダ張ってますネ。 エライエライ。
でも、ぜってえぇぇぇぇぇぇ!食べネェェェェよ・・・(・_・)

※「XXX的小ネタ集」。評判がよければ次回に続く・・・?

| | Comments (141) | TrackBack (0)

2004.01.15

空気砲

zoocab3.jpeg
世界1000億の「ドラえもん」ファンの皆様!おまたせしました!!
ついに、ドラえもんの世界が一つ現実になりました。
ドラえもん・のびたの恐竜」でおなじみの「空気砲」がアメリカで商品化されました。

その名も「AIR★ZOOKA」でアリマス。

※購入は→<コチラ
leftbanner.jpegzookaf3.jpeg
まぁ、写真をご覧下さい。
この子供の五臓六腑に染み渡る無邪気な顔を!なんか、腹が立ちますね。

一応この商品はシリーズになっておりまして。

①「ZERO BLASTER」・・・さしずめ、ドラえもんで言う「熱線銃」っすかね。
②「Wizard Stick 」・・・さしずめ、「電光丸」って感じ?

等々、ドラえもんの世界が広がっています。

なんか、取り扱いマニュアルPVがあるのでリンクを貼っておきましょうか。
※遊び方PV→<コチラ

え~っと、で肝心の殺傷能力ですがぁ・・・
残念ながら・・ありません!!  ゼロです。無念です(+_+)
だから、「ZERO★ZOOKA」なのです(^o^)/

で、実際見てみたい♪♪と言う方は、グレーターマイアミ(フロリダ)の
「ベイサイド・マーケット」って所に深夜、行ってみてください。
いい歳こいた大人が、「ZERO★ZOOKA」で煙やってますんで・・・(-_-;)オイ!!

※マイアミ緒感・・・マイアミ自体はエキゾチックでステキな街です。危険な香りもプンプンだけど♪ソレが良いのです。ハイ。まぁ、フツーにしていれば安全だからさ。遠いけど、沢山の人に訪れてもらいたいね。 

| | Comments (6028) | TrackBack (0)

2004.01.14

The Egg Separator

eggs-title-g.gifso10.gif
ワタシには暗い過去があります。
それは、物心ついて間もない冬の食卓でのこと・・・

その日の夕食は「すき焼き」でした。皆、美味しそうに食べています。
しかし、ワタシだけは泣きながら母に抗議していました。なぜなら、ワタシの卵に「黄身」が無かったのです!!
ワタシが「黄身」を食べられないことを知っていた母はわざわざ「白身だけ!!」の溶き卵を用意してくれていたのです。

これが、「母の愛」なのか「鬼母のイジメ」だったのか・・・未だに、その答えは出ていません。

しかし、ワタシの猛抗議に対して母は,,,
白身と黄身を分けるには神業が必要なのよ(-_-メ)」
と逆切れ?をしていたのは確かです。

ああ。。。もっと、早くこの装置に出会っていれば・・・
ワタシは,,,
んじゃぁぁ、、、
テメエェの老後なんっぁ知ったこっちゃねぇぇぇ
<`ヘ´>!!」

・・・と、猛然と立ち向かえたのに
・・・・・・ああ、無念。ああ、無常。。

++使用方法++
①卵を用意(ゆで卵・温泉卵不可)    ②脳天から注ぐ       
eggs-1.jpegeggs-2.jpegeggs-3.jpeg③鼻水と化した白身を取り皿へ・・・

※購入は→<コチラ> 人気商品の為、品薄だそうです。
※ワタシは、両親を愛しています。心の底から愛しています。
ありがと~本当に「ありがとう

| | Comments (4755) | TrackBack (0)

2004.01.12

英語で「つゆだく」なんて言う!?

beefbomboUSA.JPG so10.gif
最近、「吉野家」様テンパッてますねぇ。 
まぁ、ビンボー&ダイエット中のワタシにとっては、もやし生活にシフトする「カミカゼ」でありマッスル(^o^)/

で、世界の0.1%くらいの方は「英語で『つゆだく』って何て言うのかしら??」と疑問を持っていると思うのですよ。
そもそも、「アメリカで『つゆだく』何ぞをオーダー奴がいるのか?」と思うかもしれませんがぁ・・いるのです!!
しかも、、、、
①「ねぎだく」までオーダーして(←プロご用達★「ねぎだく」)
②「割り箸よこせ!!」とのたまい(←箸は日本人の魂★ソウルだぜぇ!!)
③「スマイル!!」(+_+)と意味不明(←っつ~か、店違い!?)な言動をし
 挙句の果てに・・
「お前がほしいんやぁ」\(◎o◎)/!

・・・と、「YOSHINOYA TIMES SQUARE」店の店員をナンパした英雄がぁ

そう!ワタシです。 そりゃ、NYで約1週間も「YOSHINOYA」を食べ続ければ疑問にも思いますし、恋もします?・・・(2年前。まだ、やんちゃ君でしたぁ。。。)

では、「XXX」のつゆだく講座
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■つゆだく・・・Dip(ディップ) 例; Regular beef bowl with dip. (牛丼つゆだく並。)

■ねぎだく・・・Onion Dip 又は Extra onion
例;Regular beef bowl with extra onion. To go.(牛丼ねぎだく並で持ち帰り。)
例;Large beef bowl with sauce and onion dip. (牛丼ねぎ&つゆだく大盛。)

■割り箸よこせや・・Please give me chopsticks. ■スマイルよこせや・・Cheer me!

■お前が欲しいんや・・・Can't take my eyes off you.

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
世界の皆様・・・くれぐれも真似をしないように。

※写真は、去年の夏のショット。NY1泊というありえない日程でした・・・
※動詞が無いだの、文法が云々言わないでね(^_^)v
※「地球の歩き方 ニューヨーク」を買いましょう。ワタシが出ています。しかも、2箇所(^_^)v

※イーストコーストの吉野家は、日本の「吉野家」が主体。ウエストコーストの「YOSHINOYA」はライセンスによるFCだそうです。
※MENUは■ビーフボール ■テリヤキチキンボール ■ベジタブルボール 
      ■コンボ(3種類一緒盛・↑写真)
レギュラーサイズでも日本の「特盛」以上。ラージサイズにしたら死ぬ。紅しょうが・割り箸も無料です。お茶は有料。

| | Comments (173) | TrackBack (5)

2004.01.11

ミッション:インポッシブル(Mission:Impossible)

fat_pants_too_small.jpeg

ん~いかんともしがたい(+_+)

あの、イーサン様も真っ青・・ミッション続行不可ナリ。

っつーかですねぇ、アメリカ人の「デブ度」たるや日本人の比ではありません。
しばしば「アメリカで太っているとビジネスの時に見下される。」と言ってダイエットに励む方がいらっしゃいます。
まぁ、KONISIKI様あたりに到達してから心配して頂きたいっすね。

そんなある日、ワタシとその友人が
アメリカの某「マクドナルド」へ行って「チーズバーガーセット」をオーダーしたところ・・・
ナント!!チーズバーガーが2個入っていました。

で、某アメリカ人は「たった一個じゃ、ウサギのエサだろうぅ?」とのこと。

じゃぁ、2個ならブタのエサじゃぁぁぁぁぁ\(◎o◎)/!

このブタ★アメリカン!!

| | Comments (175) | TrackBack (1)

2004.01.10

アメリカン度を測定いたします。


al_sahhaf_saddam_santa_clause.jpeg
↑の写真は中東「パキスタン航空」の機内食の様子です。

味の方は、皆様のご想像の通りです(-_-;)ってか、中東の国はアメリカ嫌いの割には案外アメリカナイズされたものが好です。
その点、日本という国は、一見アメリカナイズされているようで実は頑固だと思うのです。

そんな、頑固な国民「ジャパニーズ●シチズン」の皆様!
アナタの「アメリカン度」を測定いたします。

※測定は→<コチラ

ちなみに、自称「右翼」の友人が測定したところ「-40%」でした。

で、ワタシが測定したところ・・・「+249%」でしたぁ(@_@。・・・

オレって、何人!?

是非是非、皆様の測定結果をトラックバックしておくんなまし(願)。

| | Comments (1717) | TrackBack (10)

「ポニーの異常な愛情」
又は、なぜポニーは人間を愛するようになったか。


スクープです。
「牛海綿状脳症(BSE)」に続き「子馬前立腺脳症(PPE)」の発生がアメリカに次ぐバカの巣窟「イタリア」で確認されました。

悲惨です。

| | Comments (189) | TrackBack (0)

2004.01.09

酔っ払いの戯れの果て・・・at新年会

unchicichi.jpg
なにせアメリカは広大でおおらかです。
酒を肴に?広大な大地と戯れ★一体となる・・・ん~おおらかスギル(@_@。!!

コレこそアメリカ的★新年会の真骨頂でアリマス。

是非、皆さんも見習ってもらいたいナ(-_-;)ッテ・・オイ!!

ワタシ的雑記→<新年会

この出会い・・・「Priceless」!!

| | Comments (452) | TrackBack (8)

2004.01.06

トリ人間

fake_turkey.jpeg

「そして、人間は鳥になった・・・」 by. H・ヘッセ

おとぼけ.com」様にささげます・・・

| | Comments (160) | TrackBack (1)

うんち製造マシーン

 ↓マシーンで製造された「うんち」(売却済)+++↓うんち製造マシーンの設計図
shit.jpegdrawing15.jpeg

今、「うんち」が熱い(@_@。!!  ※ただしココログ内でのお話・・・

勿論、皆さんは「うんちのやり方」はご存知ですよね?そう!トイレに行けばよいのです。
では、「うんちの作り方」はご存知ですか??「何か食えばいい。」とか言っているアナタ!!!ナンセンスです。

今や21世紀!ドラえもんの時代です。うんちも機械で作る時代なのでアリマス(^o^)/

そこで、ご紹介しましょう。コレが「うんち先進国★アメリカ」が生んだ怒涛のうんち製造機「Cloaca」でぇす。。。
※リンクは→<コチラ

やたら大げさな機械でありますがぁ・・・開発した「R・バイン博士」は「需要が高まればラップトップ(ノートPC)サイズも夢ではない。」とおっしゃってオリマス。まぁ、いい加減止めたほうがいいっすね(-_-;)バカァ・・

ところで、この「うんち製造マシーン」で製造された「うんち」を購入した人は「うんちは人・文化の交流を促進し、平和に寄与する。」とか「うんちは個人のパワーを引き出す力がある。」など理解不明な語句をのたまっております(+_+)バカァバカァ・・・

そんなワケで是非、イスラエルあたりにこの「うんち製造マシーン(Cloaca)」を買っていただきたいですな。
尚、新規に製造された「うんち」は既に売却済です。次の「うんち」を待て!

| | Comments (3431) | TrackBack (2)

2004.01.05

Sweet★Union

peace_babies_black_and_white.jpeg
あけましておめでとうございます。(←Too Late??

昨年は悲喜交々満ち溢れた激動の1年でしたね。今年は「幸せいっぱい」な年にしたいものでアリマス。
そうそう、あの(↑写真)のベイビーズのように。  
きっとね~こうして2人は恋に落ちるのよ♪♪
 
ところで、皆さんはご存知ですか?

①アメリカ合衆国(USA)全人口の30%(約8200万人)が栄養失調にあることを・・・
②全人口の所得上位1%がGDPの90%を握っていることを・・・
③アメリカでは「随意雇用原則」が保障されていることを・・・※1
※1・・・経営者(雇用者)は問答無用で従業員(被雇用者)をクビにすることが出来る権利のこと。

会社員の皆様!主婦の皆様!!フリーターの皆様!!!背筋がゾッとしたでしょ?(@_@。
アメリカってこんな国なんですよ!
バカ極まりない社会制度でしょ??これが究極の資本主義経済社会(剥き出しの資本主義経済)の現実なのでアリマス。

このブログを見て「アメリカはバカっぽいから移住しよっと♪」とか思わないようにネ(^o^)
そんなワケで本年も「XXX」はアメリカン★バカ一直線で「真摯なバカ」・「上質なバカ」を皆様にお送りいたします。

どうか、末永くご愛好くださいませ。
※今回は「お年始スペシャル」って事で「マジメなアメリカン★バカ情報」でしたぁ!

| | Comments (215) | TrackBack (0)

« December 2003 | Main | February 2004 »